HOME>記事一覧>女性限定となる悩みや不安を解消できる医療機関

目次

環境の違いもある

川崎にある各産婦人科によって診療内容はもちろん、環境に違いもあります。例えば、妊娠中の方と赤ちゃんのことを思い、院内のみならず敷地内すべてを禁煙としたり、男性の入室を禁止したりすることもあります。また、風邪気味であるなど、飛沫感染する体調不良での場合には、面会する方も含めて遠慮するか、来院する前に連絡を入れることをお願いするところもあります。多くの産婦人科では、予約なしでの受診も可能ですが、予約者を優先することもあります。待ち時間がかかる場合も視野に予約を入れておくことで、母体にも負担を与えないでしょう。ちなみに、診察にあたる医師のスケジュールもチェックしておきましょう。中には、理事長や院長が診察してくれる機会もあります。

産科だけではない

産婦人科が川崎にも点在していますが、妊娠・出産だけで来院するのではなく、女性の悩み相談ができる婦人科分野に特化した医療機関を選んでみましょう。そうすれば、生理や性病に関わる恋活から妊活サポートまでも受けることができます。また、子宮筋腫や更年期障害など、妊娠や出産に深く関わる婦人病に関しても相談できるでしょう。しかし、子宮がん健診などまで行っているのか、気になる症状や心配なことを気軽に相談できるのか、敷居の低さにも気をつけたい点で、医師や看護師にも目を向けてみましょう。